不動産仲介手数料とは?

不動産仲介手数料とは、不動産の売買契約時に、売買代金とは別に不動産仲介業者に支払う報酬のことをいいます。
その金額は法律で上限金額が定められており、売買価格の3.24%+64,800円となります。(売買価格400万円超の場合)。
 
3,000万円の物件を購入された場合は、1,008,000円です。
 
 
これは、あくまでも上限金額であり、これ以上受け取ってはいけないという金額ですが、通常、一般的な不動産仲介業者は当たり前のようにこの上限金額を受け取っています。